HOME>骨太になれるクリニック>骨太になれるクリニック

開業してからの携わり

葛飾区はお年寄りも元気、そうしたイメージもありますが、加齢とともに低下していくのは骨密度といいます。女性は50歳になる前に検査をするのが、骨の健康を守り、自在に動ける身体を保つには大切です。食事療法や運動療法に併せて、薬物療法も提案するのは、葛飾区で10年も骨粗鬆症に向き合っている【新小岩内科診療所】です。かかりつけ医として、優しい(易しい)説明と診療を心がける、地域密着型の医療機関としておすすめです。また、葛飾区で開業して3年という、これからの活躍に期待ができるのは【えびさわ内科クリニック】です。東京慈恵会医科大学葛飾医療センターを中心に、総合内科の診療に携わった医師が籍をおきます。特に力を注いでいるのは、骨粗鬆症を含め、生活習慣病を中心とした療養生活指導という内容です。お年寄りの住むエリア、しかし過去にダイエット経験のある女性も用心しなければならないのが、骨粗鬆症の特徴のようです。どうしても骨まで栄養が行き渡っていないダイエットを繰り返してしまう傾向にある、そうした女性を支援するクリニックでもあります。院内も女性に受け入れやすいデザイン、インテリア、空間に配慮しているのも魅力で、新しいもの好きの女性にもおすすめです。糖尿病療養指導士や臨床検査技師が常在しているからこそ、生活情報からしっかりした指導が行えるそうです。迅速検査も完備、健康診断も多彩で、ちなみに気になる骨年齢を調べることも可能です。診察は予約不要なので、いつでも骨太になれる相談ができます。

What’s New

広告募集中